2010年03月11日

小さなスイカ

昨日やっと確定申告を済ませて来ました。
初申告だったので、かなりの混雑を覚悟して行ったのですが
会場に着いてみると思ったよりスムーズで
パソコン申告が導入されているのでラクラク終わりました〜♪
行くまでの準備(仕分けやら集計やら…)が
今までサボっていた分、大変でしたが
要領は分かったので、来年からはもっとラクに出来そうです^-^

…という訳で、やっと落ち着いて仕事モードになりました。

今日ご紹介するのは、ウォーターメロントルマリンです。
トルマリンは地球上で唯一電気を帯びる石という事で『電気石』と呼ばれ
様々な効能があるので人気のある石の一つですが
中でもこれは、ピンクとグリーンの2色が入っていて
希少価値が高いものです。

DSCN6938-1.JPG

写真のものは中央がピンク、周りがグリーンで
文字通りスイカ(英語でウォーターメロン)のような色合いです。
小さな石ですが、存在感はあります。
そしてこの石にも小さいですが虹が入っているのです!

ウォーターメロントルマリンの効能で特筆すべきは
男性性と女性性のバランスをとってくれるという事でしょうか…。
陰陽などの両極にあるもののバランスもとってくれます。
また人間関係や恋愛関係を良くしてくれる働きもあります。
自分にとって居心地のいい環境を作ってくれると言われているのです。




posted by Wabi at 22:51| Comment(0) | 珠玉の石たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

念願の天然虹水晶

1ヶ月もブログをご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

愛西市でのミニ展も無事終わり、
楽して楽しく生きる!講座も参加者の方々から喜びの声を頂きまして
本当にありがとうございます。
この間も石の仕入れなどに出かけたりと、公私ともに充実した日々で、
なかなかパソコンに向かう時間がとれませんでしたが
これからはまめに更新出来るようにしたいと思います。

ご無沙汰中も私のページを毎日訪ねて下さるみなさまがいて下さり
本当に有難いことだなぁと思っています。


今日は先日仕入れてきた石をご紹介したいと思います。
12月のミネラルショーの記事でも少し触れましたが
やっと念願の天然のレインボー水晶をゲットしてまいりました!
今まで虹水晶と言えば、水晶の内部のクラック部分に光があたり
虹色に輝くものを指していましたが(例えばこちら
近年発見され雑誌ミネラで紹介されて話題となったこの虹水晶は
内側からにじみ出てくるような不思議なレインボーの輝きで
なぜ虹色に光るのか…見れば見るほど謎めいていて魅力的な石です。

この石の美しさは撮影するのは困難で
実際に見て頂くしかありません。
それでも一生懸命撮影してみましたのでご覧下さい。

DSCN7445-1.JPG

DSCN7441-1.JPG

DSCN7446-1.JPG

それぞれの結晶表面にきれいな虹がたくさん見られます。
久々に石好きを興奮させてくれる素晴らしい石です。
是非実際に見て頂きたいと思います!




posted by Wabi at 18:03| Comment(0) | 珠玉の石たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

猫の目…究極のルチル

こちらのキャッツアイ・ルチルクォーツをご覧下さい!
これは本当に珍しい石なのです。
DSCN5421-1.JPG

ルチルクォーツは針入り水晶とも呼ばれ、今までにも変り種をご紹介してきました。
プラチナ・ルチル グリーン・ルチル
この針が細いとエンジェルヘアと呼ばれ、太いと太針(タイチン)と呼ばれます。

タイチン・ルチルは金運・財運を高めてくれる石として非常に人気ですが
それだけでなく、人の影響を受けやすい方や、人と接する仕事をされている方には
相手の邪気を受け取らず、自分を強力にガードしてくれる働きがあります。
仕事柄、お客様にヒーラーさんが多いのですが、
Wabiのタイチンブレスを愛用して下さる方がたくさんいらっしゃいます。
そんな中で、このキャッツアイ・ルチルクォーツは別格です。
これだけのグレードのキャッツアイ・ルチル、私は初めて見ました。

ベースの水晶は、非常にクリアで不純物も見当たりません。
針の色合いは普通のゴールド・ルチルに比べ赤みがかっていて
ブロンズを思わせます。
針はタイチンと同等の太さの立派なものが入っていて
しかもその針が平行に並んでいるので、キャッツアイ効果が生まれているのです。
同じ品質の珠を揃えブレスレットに仕上げているので非常に希少価値が高いです。
ルチルクォーツの中では最も高価で希少な、まさしく究極のルチルと言えます。

この輝きは写真ではなかなか再現出来ないのが残念です。
是非一度、展覧会にお越しいただいて、実際にこの石を見てみて下さい。
その美しさに誰しもうっとりしてしまうと思います。

針が同じ方向に揃っているということで、
より集中力と、情報をキャッチする力が高められ、非常にパワフルです。
世界中の事業家などから絶大な人気を誇るタイチン・ルチルですが
その中でも特に希少なキャッツアイ・ルチルを手に出来るのは
本当に一部の極限られた人だけだそうです。

今手元にあるのは一点のみ。
そして今後入荷するかどうかもはっきり言って分かりません。

一体どんな方がこの究極のルチルを手にされるのか…
とっても楽しみです。




posted by Wabi at 08:08| Comment(0) | 珠玉の石たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。